About Us
私たちについて

川﨑景太からのメッセージ

私が花の世界に入ってから、たかが30年。
まだまだ知らないことだらけだが、一つだけ確信を持ったことがある。
「花は物ではなく、生きもの」ということだ。

自分と同じ生きものである花を使ってデザインすると言うことは、植物が持つ特性や特徴を余すところなく観察し、自然界では決して見せてくれなかったであろうその「才能」を、敬意をもって表現するということ。
そうした交流によってこそ、花は知識を超えた感動や喜びを私たちに与えてくれると信じてやまない。

触れることで形状を感じ、色を愛で、香りをきき分け、味や音を堪能する。
暮らしのなかで、視・聴・嗅・味・触の五感を生かし楽しむということを、私たちはすべて自然から学んできた。
日々、その恩恵を感じる心を持つことによって、人は、より輝き、いっそうときめき、さらなるきらめきを放つことが出来るのではないだろうか。
つまり「生きとし生けるものへの感謝の心」こそが、これからの時代に対して、花文化が寄与しうる基本的な価値だと私には感じられる。

暮らしの中で共に生きる存在としての花が、物質偏重の思考から脱却し、豊かな精神性を育むためのひとつの潮流として息づく世の中を創造していきたい。
「Keitaブランド」設立にあたっての切なる願いである。

フラワーアーティスト 川﨑 景太

スタッフ紹介

鈴木 雅人
Masato Suzuki

[デザイナー]

植物のもつ美しさ、いのちを損なわないよう、大切に扱うことを常に心がけて仕事をしています。

岡田 瑞季
Mizuki Okada

[デザイナー]

花本来がもつパワーを借りながら、お客様の想いに寄り添い、託して頂いた大切な想いを心を込めて形にしてまいります。

山村 もも
Momo Yamamura

[デザイナー]

お花と共に皆様の気持ちが伝わるよう心を込めて届けいたします。

川崎 ろまん
Roman Kawasaki

[AOIHOSHI ピアニスト]

同じ地球に生きる植物と人の一度きりの共演から生まれる音楽「フラワーボイス」の愛ある歌をお聞き下さい。

鈴木 浩之
Hiroyuki Suzuki

[AOIHOSHIサウンドクリエイター]

音楽を通じて「植物と人間の共栄共存」を、デジタルテクノロジーを駆使し、推し進めてまいります。

井上 博道
Hiromichi Inoue

[クリエイティブディレクター]

コラボレーションや企業との商品開発を担当。川崎景太のアートと企業をつなぎ花表現の新たな可能性を広げる。